【動画】一瞬で観客を猫の世界に引き込めるかが作品の出来を左右する劇団四季「キャッツ」の舞台裏=遠藤真梨撮影
[PR]

 劇団四季のミュージカル「キャッツ」は、都会のゴミ捨て場に生きる24匹の猫を鮮やかに描く。登場するのは、ほぼ猫だけ。冒頭の一瞬、わずか0・1秒で観客を猫の世界に引き込めるかが作品の出来を左右する。人気作品の舞台裏をのぞいた。

時紀行

 開演の1時間ほど前、劇団四季の俳優五所(ごしょ)真理子さんは変身の真っただ中にいた。しんと静まりかえった楽屋に、メイク道具を置くかすかな物音だけが響く。

 スポンジでおしろいをすくい取り、顔の中央に塗りつける。おでこの両側と頰には、黄色のファンデーション。ミュージカル「キャッツ」の出演者はみな、自分でメイクを施す。ヒトから、ネコへ。鏡と向き合う時間は、役と同化していく大切な儀式でもある。

 メイクは、役や俳優の骨格に合わせてあらかじめ決められている。五所さん演じるシラバブは、好奇心旺盛なメスの子猫。「野性的でシャープな大人の猫と違い、目元をくりっと丸く見せるようにしている」と言う。紙コップの水分を一口ふくむ。視線を鏡に戻すと、あごのライン、うなじまで、念入りに色を乗せていった。

 「ただいま開場しました。開演45分前です」

 楽屋に放送が流れる間も、淡々…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら