[PR]

TBSアナウンサー 皆川玲奈さん

 クルマって、どこにでも一緒に行く相棒だと思っています。自分だけの相棒でいてほしいから、ひとと同じは嫌ですね。ファッションと同じで、こだわりたい。でも、その感覚は、若い世代とはズレているかもしれません。

 周りにはクルマはいらないという人が多いです。運転そのものがそもそも怖いし、維持費もかかりますから。以前は移動手段というだけでなく、ステータス、ファッションでもあり、それぞれにあこがれのクルマがあった。

 私の父もそういう世代です。私は父のクルマに乗せてもらっては、「アクセル踏むとどうなるの?」とか、よく質問していたみたいです。18歳になって免許をとり、いざ運転してみたら、怖くて自宅の車庫にも入れられない。それで、単純に運転がうまくなりたいと、大学で自動車部に入ったんです。

 ガレージの掃除からスタートでしたが、女性は2人で、2人いれば団体戦に出られるんです。ゴーカートの経験もほとんどないぐらいでしたが、そのぶん、練習すればするだけ上達したのかもしれません。女子団体戦では全日本総合杯で優勝したこともあります。

 いまでも休日はディーラーを巡ったり、モーターショーに行ったり。街を歩いていて、特徴的なエンジン音が聞こえるのは楽しいですね。イタリア車のフィアットが特に好きなので、見かけると一日ハッピーになれます。

 クルマ好きとして、どうすれば…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら