[PR]

佐藤信夫の目

 24日まで行われた全日本選手権では、女子が高いレベルのプログラムを滑っていることに驚いた。女子最高の技と言われていた3回転ルッツ―3回転トーループという難しい連続ジャンプを、中位以下の選手や若手も跳んでいた。転倒のような大きなミスも少なく、多くがかなり難しいことをやっていた。

 荒川静香が金メダルを取った2006年トリノ五輪でこの連続ジャンプを跳んだ選手は外国人選手の1人だけだった。浅田真央が銀メダルを獲得した10年バンクーバー五輪でも、この連続ジャンプを跳んだ選手は金姸児(キムヨナ、韓国)だけだった。それが、今大会では24選手中12人が着氷させた。

 浅田の代名詞でもあったトリプルアクセル(3回転半)も、今では15歳の紀平梨花(関大ク)をはじめ、何人かの選手が跳び始めている。若い世代が日本を代表する選手になったとき、世界の上位選手と競い合えると思った。

 一方で、ステップはどの選手も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら