[PR]

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)と大阪大の安田洋祐准教授(37)が対談に臨んだ。昨年、驚異的な連勝記録を打ち立てた将棋界の若きプレーヤーと、駆け引きを伴うゲームをモデルに社会の事象を解き明かす経済学者が、人工知能(AI)と将棋の関わりや棋士の未来について語り合った。

 安田 知人の経済学者が小学生の時、将棋大会の決勝戦でコテンパンに負けたことをよく覚えているそうです。その相手が(十八世名人の資格を持つ)森内俊之九段。森内さんに藤井さんが(NHK杯テレビ将棋トーナメントで)勝ったので、衝撃を受けました。藤井さんは何歳の時に将棋を始めましたか。

 藤井 5歳です。

 安田 どんな点が面白かったのでしょうか。

 藤井 祖母も初心者だったので、一緒にルールを覚えました。その後は、年上の祖父母に勝てるのが楽しかったです。

 安田 おじいさんが強くて勝てなかったら、違ったかもしれないですね。

 藤井 そうですね。将棋は年齢に関係なく楽しめるのがいいところです。

 安田 勝負事や白黒つけるゲームが好きなんでしょうか。

 藤井 そうです。1対1で戦うのが好きですね。

 安田 私が専門としているゲーム理論では、1対1のゲームにヒントを得ながら社会の問題を考えます。例えば、「スマートフォンの分野で競争するグーグルとアップルが、互いにどんな戦略を立てるか」といったことも対象です。

 藤井 現実のことは、全てゲーム理論に基づいて定式化できるのですか。

 安田 人間の行動には説明がつかないこともあるので、全てというわけにはいきません。ただ、安定して観察される現象については、筋のいい見方ができるのではないかと思います。ではここで、1対1で数字を数え上げるゲームをしてみましょう。「1から順番に数字を数え上げる」「一度に三つまで数えることができる」「ある数字を数えた方が負け」というルールです。今回は、「21を数えたら負け」という設定にします。まず、1。

 藤井 2、3。

 安田 4。

 藤井 (5秒ほど考えてから)5。

 安田 6、7、8。

 藤井 あっ、そうか……。これは多分負けです。

 安田 なぜ、気づいたので…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら