[PR]

 神戸市教育委員会は26日、市立六甲アイランド高校(同市東灘区)で22日、1年の男子生徒が同級生とのツイッター上のトラブルをめぐって教員から指導を受けた直後に校舎から転落して意識不明の重体になっている、と発表した。市教委は、指導が適切だったかどうかなどを調べるとしている。

 兵庫県警によると、男子生徒は22日午後5時ごろ、5階建て校舎のそばに倒れているのが見つかった。5階の窓が開いており、ここから転落したとみられるという。県警は男子生徒が自ら飛び降りた可能性が高いとみている。

 市教委によると、担任ら3人が21日午前8時~午後3時半ごろ、教室とは別のカウンセリングルームで、同級生とのトラブルに関する事情を男子生徒から聴くなどした。22日午前8時からも同じ部屋で事情を聴いたり、反省文を書かせたりした。22日は自習などを含め、男子生徒はこの部屋に午後5時前までおり、部屋を出た直後に転落したとみられる。

 22日は年内の終業日だったが、男子生徒は冬休み中の25日と26日にも学校に来るように指示されていたという。

 市教委の大谷真一・学校教育部長は「語気を強めた部分もあるが、一番軽い指導だったと学校側から聞いている。しかし、事態を重く受け止めており、関係者に今後聞き取りをしていく」と語った。

こんなニュースも