[PR]

 お正月も間近。お正月というのは、いいものである。こどものときは何日も前から待ちどおしくてワクワクしていた。成人してからは、お正月の日差しの柔らかさを感じて、ウーム、人生というのはこんなふうに過ぎていくんだなと、何だかしみじみした。さて、これから老境に入っていく年代には、来し方を振り返り、なつかしむとき、ということになるのか。「新聞」という世界、小刻みな時間を追いかけてきた記者人生としては、お正月は、ふと、われにかえる内省のときかもしれない。

 そのお正月を前に、2017年の政治は何だったか、わが「新ポリティカ」のバックナンバーを読み返してもいろいろあったなあ。山あり谷あり、政治というものはつねに波動を繰り返すものであることは、みなさん、ご承知の通りである。わたしは政治記者として「田中角栄」を担当していたから、「今太閤」から「刑事被告人」に落ち、そして「闇将軍」として開き直るまで、その浮沈の大きさを間近で見届けた。政治というものの危うさ、不確かさ、しかしそのなかで何かがつくられていく玄妙さを感じたものだった。

勝負に出た安倍首相

 さて、いまは、なんといっても…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも