[PR]

 魚津市出身のプロ野球千葉ロッテマリーンズ・石川歩投手の野球教室が、魚津桃山運動公園屋内グラウンドで26日に開かれた。同市など七つの少年野球チームの小学生計155人が参加して、石川投手の丁寧な指導を受けた。

 教室は同市の石川投手の後援会が主催。キャッチボールで石川投手は、軸のぶれない正しい投球フォームを強調。首の角度や顔の向け方など一人ひとりに指導した。本江小5年の辻口侑磨(ゆうま)君は「軸をまっすぐに保つために胸を張りすぎないようにと教わった。来年はできるようになりたい」と感激の面持ちだった。

 練習の最後には数人の児童が石川投手の投球で打撃練習に挑戦。空振りが続出する中、見事はじき返した道下小6年の古金遼河(りょうが)君は「すごく速く、重くて伸びがある球。手が痛くなったけど、気持ちよかった」と笑顔で話した。(高津守)