[PR]

 三日月大造知事は来年7月の任期満了に伴う知事選について、「一つのタイミングは来年度予算案を議会にどうお諮りするのかという時」と述べ、2月中旬に開会予定の県議会で態度表明する考えを示唆した。

 26日の定例記者会見で問われた三日月知事は「(2月県議会に)来年度の予算案を提案するわけですから、来年度以降の県政運営にどう処するのかは問われるし、答えなければならない。その時には一定の考えを述べなければ」と発言した。出馬するかどうかは明らかにしなかった。

 首長選がある年度の当初予算は、独自色を盛り込んだ政策部分をほぼ省いた「骨格予算」を編成するのが一般的だが、三日月知事はこの日の会見で、「骨格(予算)のみ提案するということは現時点で想定していない」と述べ、意欲もにじませた。

 三日月知事は、県内各党が知事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら