[PR]

西大寺の善財童子像

 奈良・西大寺の善財童子(ぜんざいどうじ)像は、灰谷健次郎の小説「兎(うさぎ)の眼」(1974年)でよく知られています。

 獅子に乗った文殊菩薩(ぼさつ)像を囲む四侍者像のうちの一体です。西大寺の中興の祖とされる叡尊(えいそん)の13回忌にあたる1302年、貧しい人や病気の人の救済に生涯を捧げた叡尊をしのび、弟子たちが完成させたとされています。

 ふっくらした顔と体つきで、ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも