【動画】名古屋市千種区の地名を冠した曲「今池の女」を20年演奏し続けるロックバンド「B.S.R.」=井上昇撮影
[PR]

 ラブユー東京、大阪で生まれた女、恋の町札幌、長崎は今日も雨だった、ブルー・ライト・ヨコハマ――。主な都市には、街を代表する全国区の歌がある。では名古屋には? ご心配なく。これから次々に生まれるかもしれない。「歌を通して名古屋の魅力を発信したい」と地道に活動を続ける人たちがいるからだ。

 「AH 行かなくちゃ 行かなくちゃ あんたのもとへ この世界が燃えたぎるような あたいは 今池の女」

 1994年から名古屋を中心に活動を続けるアマチュアロックバンド「B.S.R.」の代表曲は、名古屋市千種区の地名を冠した「今池の女」だ。燃えるような恋と女心を歌った激しいロックナンバー。ライブでは必ず演奏し、一番の盛り上がりを見せる。

 「東京や大阪にはすぐに思いつく曲があるのに、名古屋にはない。それなら自分で広めようと思って作った」と、リーダーの石川徹さん(50)は話す。

 メンバー5人全員が愛知県出身。オリジナリティーを求めていた97年、地元「名古屋」を歌うことを決めた。舞台に選んだのは、ライブハウスのある「今池」だった。「雑多で面白い街。若者もいれば昔から商売をするお年寄りもいて多種多様。この街を歌うことはロックだ」。恋をする女の視線を通して、今池の街からあふれるエネルギーを表現した。

 曲の完成から今年で約20年。これまで有線で1万回以上流れた。東京や大阪からも「『今池の女』が聴きたい」と出演依頼が来たり、東北のファンから手紙が届いたり。名古屋の曲として認知されつつある。

■名古屋市は河村市長肝いりプロ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース