[PR]

 ミーナは、刑務所で生まれた。水ぼうそう、はしか、おたふく風邪にも、そこでかかった。一度も「外」を知らずに11歳になり、子供としてのすべての時間をここで過ごすことになりそうだ。

 自分は、罪を犯してはいない。母親のシリン・グルが、多くの人を殺したとして終身刑になったので、アフガニスタン東部ナンガルハル州の刑務所で一緒に暮らしている。この国の刑務所の規則では、母親は18歳になるまで子供を自分の手元に置くことができる。

 母親がミーナを身ごもったのも、刑務所に入っているときだった。だから、ミーナは一瞬たりとも外の空気を吸ったことはなく、テレビを見たこともない。一歩外に出れば、どんな社会があるのか、想像することもできない。

 運命なのだろうか。でも、それ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも