【動画】京都・知恩院で除夜の鐘の試し突き=大村治郎撮影
[PR]

 浄土宗総本山の知恩院(京都市東山区)で27日、除夜の鐘の試し突きがあった。雪が舞う中、鐘の音が一足早く響き渡った。

 日本三大梵鐘(ぼんしょう)の一つとされる鐘(高さ3・3メートル、直径2・8メートル)は1636年鋳造で重さ約70トン。鐘突きは僧侶17人がかりだ。「えーい、ひとーつ」「そーれ」の掛け声に合わせて16人が子綱を引き、太い親綱を手にした1人が仰向けにぶら下がるような姿勢で鐘を打ち鳴らした。

 31日の本番は午後10時40分ごろから突き始める。(大村治郎)

関連ニュース