[PR]

 同性カップルを結婚に準じる関係と認め、パートナーシップ証明書を発行する条例を全国初で制定した東京都渋谷区で、交付第1号となった東(ひがし)小雪さん(32)と増原裕子さん(40)が関係を解消した。区には解消届を既に提出しているという。

 宝塚歌劇団出身の東さんと、会社経営の増原さんは26日、ブログに連名で「離婚する」と発表した。それぞれの活動や仕事の増加で、時間や価値観にすれ違いが生じるようになったことなどを理由としている。2人はこれまで共同で会社を経営しながら、LGBT関連の活動を続けてきた。「同性婚のリアル」「レズビアン的結婚生活」などの共著がある。

 同区によると、2015年4月の条例施行後、今月27日現在で25組が証明書の交付を受けているという。