[PR]

 熊本県御船(みふね)町七滝の住宅で11月に寝たきりの女性(82)が顔を切りつけられた事件で、県警は27日、顔の傷は猫が引っかいたものだと断定し、捜査を打ち切ったと発表した。

 県警によると、女性は夫(85)と長女(63)の3人暮らし。11月6日夕に女性が1階の寝室で切りつけられているのを夫が発見。顔には20カ所以上の傷があったが命に別条はなかった。

 県警は殺人未遂事件として捜査を始めた。その後、家で世話をしていた野良猫1匹の爪や口付近から人の血液などを採取。女性のベッドからは猫のものとみられる毛がみつかった。

 鑑定では猫に付着した血液が女性のものとは特定できなかったが、事件当時に第三者が家に侵入した形跡がなく、猫が家に入るのを見たとの目撃情報があったことなどから、猫が引っかいたと判断した。猫は県内の保健所に保護されている。(松沢拓樹)