[PR]

 チケットの高額転売問題に絡み、IT大手ミクシィは27日、子会社の「フンザ」(東京都渋谷区)が運営するチケット転売サイト「チケットキャンプ(チケキャン)」を来年5月末に閉鎖すると正式に発表した。責任を取る形でフンザの創業社長ら2人が辞任。ミクシィの森田仁基社長も月額報酬を自主返納する。

 27日の臨時取締役会で決めた。チケキャンでは来年5月末までは利用者のサポート機能を続ける。フンザを創業した笹森良社長と酒徳千尋取締役は責任を取って27日付で辞任。ミクシィの森田社長は来年1月から6カ月間、報酬全額を自主返納する。

 ミクシィは「事態を厳粛に受け止めています。安全なサービスを提供できずおわび申し上げます」とのコメントを出した。

 チケキャン事業からの撤退にともない、ミクシィは2018年3月期決算にフンザののれん代償却などで約77億円の特別損失を計上。同日、通期の純利益の予想を5月時点の480億円から402億円に下方修正した。

 13年に笹森氏や酒徳氏が開設…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら