[PR]

挑戦のすゝめ:山里亮太さん

 テレビ、ラジオ、漫才……。幅広い舞台で活躍する南海キャンディーズの山里亮太さん。着実に前進する「山ちゃん」を支える原動力とは。

 ――テレビ、ラジオの番組などで引っ張りだこですね。「突っ込みの天才」とも呼ばれています。

 「本当にありがたいですが僕は凡人です。天才は自分から面白いことが自然とわき出てくる人。僕のような凡人は、これを言ったら面白いだろうと考えたことを話している」

 「本物の天才が創造しているお笑いの世界で、僕が前に進むには、努力するしかない。若いころはそんな必死さを仲間には隠しながら、漫才のネタをつくったり、路上ライブをしたり」

山里亮太(やまさと・りょうた)
77年、千葉県生まれ。関西大在学中に吉本興業のタレント養成所「NSC」の22期生に。03年に山崎静代さん(しずちゃん)と漫才コンビ「南海キャンディーズ」を結成。ナレーターやラジオパーソナリティーとしても活躍。通称、山ちゃん。

 「幸いなことに、劇場やお笑い番組でレギュラーになるという『夢の設定』は出来上がっていました。努力を重ねれば、いつかは(明石家)さんまさんやダウンタウンさんのような『天才』との境界線もぼんやりしてくるのではないか――。そんなことを考えながら走ってきました」

「芸人になる」と宣言

 ――「努力」が挑戦の土台にあるんですね。

 「はい。呼吸するように努力できたらいいな、と思っています。でも、生来のサボり症。逃げるための言い訳を思いつくのがすさまじく早い。挑戦から逃げ出さないようにと、自ら退路を断ってきました」

 ――どんなやり…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら