[PR]

 日韓慰安婦合意をめぐり、韓国の検証チームが報告書を発表したことについて、28日付の韓国各紙の社説は合意に不満を表明しながらも、日本に破棄や再交渉を求めることには慎重な姿勢を示した。保守系紙は、外交交渉の内容を公表したことについて「国際的な信頼を低下させた」などと批判した。

 合意に対して最も厳しい論調をとる京郷新聞は社説で「破棄」を主張したが、同時に「韓日関係や北の核問題での協力も重要だ」と指摘。日本に合意の問題点を説明し、姿勢の変化を求めていくべきだと説いた。

 保守系の朝鮮日報は「慰安婦問題は重要だが、もし合意を破棄して再交渉を要求するなら韓日関係は破綻(はたん)するだろう」と警告。「歴史問題に対応しつつも、韓日関係も正常化すべきだ。(対日関係で)中国はそうしている」と指摘した。

 一方、中央日報は、合意検証で30年間非公開とされるべき外交文書を2年で明かしたことを「外交慣例を破った」と批判。「日本は言うまでもなく、今後どの国が韓国を信じて水面下の交渉ができるだろうか」と検証を指示した文在寅(ムンジェイン)政権を批判した。

 東亜日報も「合意に問題が多かったことは異論の余地がない」としながらも「非公開で管理されなければならない外交文書が多数公開され、国際社会での韓国の信頼が低下した」と問題視した。(ソウル=武田肇)