【動画】360度開く角川書店の漢和辞典「新字源」の使い心地は?=高津祐典撮影
[PR]

 辞書は内容だけでなく、紙や製本にも時代に合わせた工夫がこらされています。今年、23年ぶりに改訂された角川書店の漢和辞典「新字源」。スマホ時代を象徴する、細かすぎるほどのこだわりを探りました。

 辞典と言えば重厚で威風堂々のたたずまいをイメージしがちですが、「新字源」の特装版はとてもカジュアル。まず、カバーの愛らしい女の子のイラストが目を引きます。描いたのは中村佑介さん。若者を中心に多くのファンがいるイラストレーターです。スマホが広まり、現代ほど気軽に文字を使う人が多い時代はありません。カジュアルなイラストは、その時代の象徴です。漢文を読み解くためのだけの漢和辞典ではなく、若い人に「身近な文字」の謎に迫ってほしいとの思いがこめられています。

 使ってみて便利なのは、辞書が机に吸い付くようにペッタリと開くこと。これは「フレキシブルバック」と呼ばれる製本法で、柔らかい表紙と本文紙を接着剤でしっかりくっつける技術です。背表紙に厚い紙を使う「タイトバック」と違い、開いたページが勝手に閉じてイライラせずにすみます。

 合わせ目に近いところを見よう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース