貴乃花親方を「理事解任すべき」 協会、評議員会に提案

[PR]

 大相撲の元横綱日馬富士=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身=が起こした傷害事件で、日本相撲協会は28日、東京・国技館で臨時理事会を開き、貴乃花親方(元横綱)を理事から解任し、降格させる意見をまとめ、来年1月4日に臨時評議員会を招集して提案することを決めた。採決に加わっていない貴乃花親方を除き、全会一致だった。理事の解任権限は評議員会が持っている。

 協会の危機管理委員会(委員長=高野利雄・元名古屋高検検事長)は、巡業部長の貴乃花親方が秋巡業中に起きたこの問題を協会に報告しなかったこと、被害者で弟子の貴ノ岩と貴乃花親方本人に対する危機管理委の聴取に速やかに協力しなかったことの2点を問題視した。高野委員長は「被害者側の立場にあることを勘案しても、責任は重い」と指摘。

 7段階の処分のうち3番目に重い「降格」にあたるとの意見をまとめたうえで、貴乃花親方に辞任の意思があるかをただしたが、拒んだとされる。八角理事長(元横綱北勝海)は「理事の忠実義務に著しく反すると言わざるをえない」と話した。弁明を求めたが、反論はなかったという。

 貴乃花親方が理事を解任されると、役員待遇となる。その場合でも任期満了に伴う2月初旬の理事候補選には立候補できる。師匠として、弟子の指導もできる。

 また、鳥取区検は28日、日馬富士を傷害罪で鳥取簡裁に略式起訴した。鳥取地検が同日、発表した。鳥取簡裁は今後、日馬富士に罰金刑の略式命令を出すとみられる。