[PR]

 川勝平太知事は朝日新聞の新春インタビューに応じ、JR東海が進めるリニア中央新幹線のトンネル工事を巡る大井川の水量減少が懸念されている問題で、「全量回復」を求める立場を堅持する姿勢を改めて示した。新しい県立中央図書館のあり方ではデジタルデータの活用に言及。2019年のラグビーW杯、20年の東京五輪と続くスポーツの大会を控え、「王国」の復活にも意欲を示した。

 ――昨年、リニア工事を巡る立場を鮮明にした意図は。

 鉄道は、英国で蒸気機関車の営業運転が始まった1825年以来、西欧近代の象徴。1964年東京五輪の直前に東海道新幹線が開業し、富士山や桜と並ぶ技術立国・日本の象徴となってきた。リニア開業には従来、賛成の立場だ。過去に長野県の有識者委員も務めたことがある。

 2011年春に県内を通る建設…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら