【動画】ゲノム編集の技術で筋肉量を増やした「マッスルマダイ」と、食用のフタホシコオロギ=撮影
[PR]

 水槽の中を、驚くほど丸々とした魚が泳ぎ回っていた。

 「周りについた肉で目がくぼんでいるように見えませんか?」

 昨年12月、和歌山県白浜町の近畿大学水産研究所。家戸(かと)敬太郎教授(50)が、水槽の中のマダイを指さして言った。

 麻酔をかけて水槽から出してもらった。普通のマダイと比べると、背中が大きく盛り上がり、腹もふくれている。包丁を入れると、モッチリ軟らかい。

 ゲノム編集という最新技術で、筋肉の増えすぎを抑える遺伝子を働かなくさせ、限界まで筋肉量を増やした。「マッスルマダイ」と呼び、2倍を目指す。生産コストを抑えて食べられる部分を増やしたいという養殖業者の願いを形にした。

 30年近く養殖技術を研究する家戸さんが、初めてゲノム編集に臨んだのは2014年春。約1ミリのマダイの受精卵をプレートに1列に並べ、顕微鏡をのぞきながら、遺伝子の働きを抑える物質が入った液体を細いガラス管で注入していった。1粒あたり1秒ほど。

 半年後、見たこともない真ん丸な稚魚が水槽を泳いでいた。「どら焼きみたいやな」。仲間の研究者がつぶやいた。

 「日本で魚を食べ続けるために…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース