[PR]

 「人には、それぞれ役割ってもんがあるからなぁ」。私が仕事で接する人々の中で、度々こう口にするのは、意外にも(!)明石家さんまさんです。「お笑い怪獣」として君臨し続け、ナインティナインの岡村隆史くんを始めとする後輩たちに「頼むから死んでくれと思う」と言わせるさんまさん(苦笑)。上(さんまさん)がつっかえていて自分たちがどんなに頑張っても冠番組や特番のMCを担当する機会が増えないからだそうです。

 V6の岡田准一くんが結婚されましたね。岡田くんファンの皆さんやV6ファンの皆さんの心に色々な思いがめぐったことは、SNSで拝見しました。一つ一つに深くうなずかされ、こうしたファンの皆さんに支えられ、今があることが改めてわかりました。

 岡田くんといえば、連続ドラマ出演をきっかけに、いまや映画俳優として日本を代表する存在です。そのことは「永遠の0」や「蜩ノ記(ひぐらしのき)」、さらには大河ドラマ「軍師官兵衛」(NHK)と、ご本人も大好きな“歴史もの”に携わってきたことで、揺るがぬものとなったのです。

 ちょうどその頃、岡田くんに「女性セブン」でインタビューをさせていただきました。常日頃から視聴率が取り沙汰されてしまう大河ドラマの中で、「軍師官兵衛」も高いとは言えなかった時期がありました。ですが、ちょうどその頃、V字回復。まずは視聴率の話題になりました。

 岡田くんは「それはやっぱり皆さんが見てくださっている指針として、主演は気にしなければならないと思っています」とハッキリ言い、視聴率や映画の動員数などを「気にするタイプ」だと……。順風満帆にしか見えていなかった「主演俳優・岡田准一」に、どれだけ重圧がかかっているかがわかる答えでした。

 実は、その日とは別に「軍師官…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも