[PR]

 兵庫県姫路市の老舗百貨店「ヤマトヤシキ」(早瀬恵三社長)は29日、姫路店(同市二階町)を来年2月28日でいったん閉店すると発表した。建物の老朽化に伴う維持運営コストが増え、業績悪化の一因となっていることが理由という。同社は「建物の建て替えが最善の策と判断した」としているが、建て替えの詳細な計画や工事の開始時期については「これから決める」と説明している。加古川店(加古川市)は営業を続ける。

 同社によると、29日に臨時株主総会を開いて決議した。同社は2015年3月に私的整理の「事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)」が成立した後、企業再生ファンド「マイルストーン ターンアラウンド マネジメント」の支援の下で経営再建を進めてきた。だが、ADR成立後も16年2月期から2年連続で赤字を計上。18年2月期も黒字化は難しい状況という。

 姫路店の建物(地上8階、地下1階)は、完成から50年以上がたっているといい、一部で耐震補強工事を進めてきたが、店の営業を続けながら大規模な工事を本格的に実施するのは難しいと判断した。ヤマトヤシキの関係者によると、建物の老朽化でテナントの誘致などが困難になっていたという。建て替え後の建物の詳細やどのような業態で続けるのかは現時点では未定で、詳細なプランは来年2月ごろまでにまとめたいとしている。

 同社は「姫路店の閉店後は加古…

この記事は有料会員記事です。残り197文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り197文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り197文字有料会員になると続きをお読みいただけます。