[PR]

 シルクロードの要衝として栄えた中国甘粛省敦煌市の北東250キロ。同省北山地区のゴビ砂漠にある高レベル放射性廃棄物最終処分場の候補地を、記者は目指した。

 「この先は携帯電話も通じない。迷子になったら命はないぞ」。11月下旬、砂漠の縁にある村の男性から警告された。目的地までは、さらに100キロある。男性に道案内を頼んだ。

 人影も標識もない風景の中を、四輪駆動車で走り続けた。地図もなく男性の記憶だけが頼りだが、景色は変わらない。男性が「迷ったかな」とつぶやくたびに、ひやりとさせられる。

 2時間後、褐色の丘の斜面に作…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも