【動画】新年初対局に臨む藤井聡太四段=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の中学生棋士、藤井聡太(そうた)四段(15)が6日、大阪市福島区の関西将棋会館で、2018年最初の対局に臨んでいる。8大タイトル戦の一つ、王位戦(新聞三社連合主催)の予選の準決勝で、大橋貴洸(たかひろ)四段(25)との対局。

 対局は午前10時に始まった。持ち時間は各4時間。7~9月に予定される王位戦七番勝負で、菅井竜也(たつや)王位(25)への挑戦者を決める戦いの一環だ。

 勝者は予選決勝で、やはり中学生でプロになった谷川浩司九段(55)と対局する。谷川九段は、21歳という史上最年少で名人に就位し、名人位を通算5期獲得。引退後に十七世名人を名乗る資格を持つ関西の名棋士だ。

 藤井四段は、16年12月のデビュー戦以来の通算成績が55勝10敗。勝率は8割4分6厘。一方の大橋四段は、藤井四段と同時にプロ入りを決めた新鋭棋士。2人は公式戦でこれまで3局戦い、藤井四段からみて2勝1敗だ。

 王位戦には全棋士と女流棋士2人が参加。まず予選を8組に分かれたトーナメントで行い、勝ち上がり者8人とシード棋士4人が紅白2ブロックに分かれ、リーグ戦を行う。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行う。藤井四段が王位リーグに入るには、1回戦から含めて5連勝が必要。(佐藤圭司)

関連ニュース