[PR]

 米アップル日本法人は30日、iPhone(アイフォーン)の旧機種の動作が遅くなる問題に関連し、対象機種の電池交換を、日本では3200円で行うと発表した。iPhone6以降の機種が対象で、来年12月までは保証対象外の電池交換料金を、通常(8800円)より安い3200円にする。すでに米国で発表した費用(29ドル)の円換算とほぼ同じとなる。

 アップルは当初、交換を来年1月後半から始めるとしていたが、ウェブサイトでこの表現を削除した。「すぐに交換できる準備は整ったが、初期の電池の供給には限りがある」(日本法人広報)という。詳細は近く公表するとしている。

 iPhoneを巡っては、旧機種の電池が劣化した際に処理速度を遅くしていたことに利用者の疑念が出て、米国などで訴訟が起きた。米アップルは本国で28日、「説明不足だった」などと謝罪し、電池交換費用の値下げなどを発表していた。