【動画】和歌山市の「観光発信人」に選ばれた歌手の宮本静さん=白木琢歩撮影
[PR]

 県の“ご当地ソング”を多く歌う歌手・宮本静(しず)さんが、和歌山市の魅力をPRする「観光発信人」に選ばれ、31日に市役所で委嘱状が交付された。

 宮本さんは紀の川市で育ち、2010年にCDデビュー。県の歴史や文化などを題材としたご当地ソングを20曲歌っており、このうち和歌山市関連は徳川吉宗をテーマにした「男節」など9曲ある。宮本さんは「市を日本中、世界中にPRする貢献が出来たらうれしい」と話し、「和歌山ラーメンの歌」などを披露した。

 市の観光発信人は、口コミやSNSで県外に情報を発信してもらい、観光振興につなげるのが狙い。宮本さんで56組目。(白木琢歩)