[PR]

 製造していないメダルを「価値が上がる」などと持ちかけて購入させ、現金をだまし取ったとして、警視庁は31日、東京都港区の貴金属販売会社「ゴールドスター」元取締役の菊地和生容疑者(50)=埼玉県川口市川口3丁目=ら5人を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。菊地容疑者ら3人は「会社ぐるみでの行為はしていない」などと否認し、2人は認めているという。

 生活経済課によると、逮捕容疑は2014年3~7月、実際には製造していない「Bコイン」を「英国ロイヤルベビー記念コイン」と称して「購入すれば価値が上がる」などと宮城県の50代男性ら3人に購入を持ちかけ、代金として計636万円をだまし取ったというもの。同課は全国の被害者はのべ600人超、被害総額は約10億円にのぼるとみている。

 被害者は以前、同社と実態が同じ別会社によるコンテナ所有権をめぐる投資詐欺の被害に遭っており、菊地容疑者らは「コインを買えば被害を回復できる」などとうたっていたという。