[PR]

 大阪府の岸和田市長選は4日に投開票があり、新顔で元府議の永野耕平氏(39)=大阪維新の会公認=が、新顔で元市議の西田武史氏(52)=無所属=と前職の信貴(しぎ)芳則氏(56)=無所属=を破り、初当選を決めた。投票率は31・43%(前回33・61%)だった。

 2013年11月の市長選で、信貴氏が自民党の推薦を得るために党支部役員に現金200万円を預けたとされる問題が昨年11月の市長選直後に発覚。再選された信貴氏が「信を問いたい」と辞職し、出直し選挙となっていた。