[PR]

 日本の漫画などを作者に無断で翻訳したり、中国語のサイトで自由に読めるようにしたりしたとして、京都、山口、静岡、三重、島根の5府県警は31日、23~28歳の中国人の男女5人を、著作権法違反の疑いで逮捕したと発表した。一部が違法な翻訳、配信活動に関わっているとされる中国人グループ「漢化(かんか)組」のメンバーとみられ、「仲間に読ませたくて翻訳した」などと容疑を認めているという。

 5府県警によると、5人は2015年1月から今年1月、違法配信されると知りながら日本の漫画、ゲーム、ゲーム雑誌を翻訳したり、中国語サイトに配信して不特定多数の人が読めるようにしたりした疑いがある。漫画「君に届け」やゲーム「遊☆戯☆王アーク・ファイブ TAG FORCE SPECIAL」などが翻訳された。

 京都、山口の両府県警が逮捕したのは、名古屋大(名古屋市)に留学中の女(24)=同市昭和区=と、桜美林大大学院(東京都町田市)に留学中の女(25)=相模原市中央区。共に漢化組の一員と認めており、メンバーの逮捕は全国で初めてという。メンバーはネットを通じて募集され、翻訳や配信作業などを分担しているという。