「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」皆既月食、各地で

アポロ50年

東山正宜
【ノーカット】東京上空の皆既月食を観測
[PR]

 約3年ぶりの皆既月食が31日夜、国内各地で見られた。

 天候に恵まれた東京では、午後8時48分に欠け始めた満月が観察できた。午後9時51分に皆既となり、午後11時8分まで続いた。日付が変わった午前0時11分に満月へと戻った。

 皆既中、月は赤黒い赤銅色で光るが、その色は毎回同じではない。国立天文台は皆既中の月の色の報告を2日正午まで募る。詳しくはキャンペーンサイト(https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201801-lunar-eclipse/別ウインドウで開きます)へ。

 米航空宇宙局(NASA)は今回の皆既月食を、今年最大級の大きさに見える満月「スーパームーン」と、1カ月で2回目の満月である「ブルームーン」、皆既中には血のような色になる「ブラッドムーン」を合わせた「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼んでいる。東山正宜

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
アポロ11号着陸50年 人類よ、再び月へ!

アポロ11号着陸50年 人類よ、再び月へ!

アポロ11号の着陸から50年。月への歩みは今も続いています。[記事一覧へ]