[PR]

 インドネシア・バリ島を拠点に投資事業などを展開する「アスナグループ」が、元本を保証し、利息を払うと約束した上で客から不正に現金を集めたとして、千葉地検特別刑事部と千葉県警は31日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで東京、京都、福岡など5都府県にある同社役員の自宅などを捜索した。

 捜査関係者によると、同社の役員らは2013年4月~15年9月、預かり金の受け入れが認められていないのに、千葉や東京の男女6人に元本保証と利息の支払いを約束し、不動産投資や定期預金口座を開設する名目で、1億4700万円と20万米ドルを集めた疑いが持たれている。

 同社はホームページで、高金利の外貨建て定期預金やバリ島での不動産投資事業を展開していると説明。しかし登記上、こうした事業の説明はなかった。出資者との間に配当金支払いの遅れや解約できないなどのトラブルが起きているという。