愛知)障害がある子へ 電子書籍で昔話 豊明高の3人

有料会員記事

松永佳伸
[PR]

 南知多町日間賀島に伝わる昔話「かしき長者」が、学習障害や視覚障害の人にも読みやすく工夫された電子書籍になった。5月には全国の特別支援学校や図書館などに配布される。書籍の絵を描いたのは、豊明市の豊明高校イラストレーション部の2年生8人で、部長の野崎汐里さん(2年)は「たくさんの人に昔話を楽しんでほしい」と話す。

 電子書籍は、文章と音声、画像を組み合わせたもので「マルチメディアデイジー図書」と呼ばれる。

 小さな文字が見えにくい、文字を真っすぐ追うのが難しいといった障害を持つ子どもたちにも読書の楽しみを広げたいと、伊藤忠記念財団(東京都港区)が2010年から児童書を対象に制作を始めた。教育機関やボランティア団体と協力しながら、年に30~50作品の絵本やファンタジー小説を発行している。

 今回の「かしき長者」は、子…

この記事は有料会員記事です。残り671文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら