[PR]

 中学生棋士の藤井聡太四段(15)が1日、第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社・毎日新聞社主催)9回戦で、一つ上のクラスへの昇級をかけて、梶浦宏孝四段(22)との対局に臨んでいる。順位戦で無敗を続ける藤井四段が勝てばC級1組への昇級が決まり、規定により五段に昇段する。中学生での昇段は史上初の快挙となる。

 対局場は東京都渋谷区の将棋会館。藤井四段は、スーツの中にセーターを着込んで現れた。対局は午前10時に開始。後手番の藤井四段は、梶浦四段の得意戦法を受けて立った。

 名人戦につながる順位戦は五つのクラスがあり、最も下位のC級2組には今期50人が参加。1年で10局を戦い、成績上位3人が昇級できる。初参加の棋士は同組に所属することになり、藤井四段はただ1人、8連勝で9回戦を迎えた。両者は過去に対戦が1局あり、藤井四段が勝った。持ち時間は共に6時間で夜までに決着する見込み。

 昇級・昇段を決めた対局時点の最年少記録としては加藤一二三九段(78)の15歳3カ月だが、当時の規定で高校1年の4月1日付で昇段した。現在は昇級が決まった日に昇段するため、現在15歳6カ月の藤井四段が中学生としては初の五段となる。

 藤井四段は今年度、対局数(61局)、勝数(50勝)、勝率(8割2分)、連勝数(29連勝)の4部門でここまで全棋士中1位。今年度の「記録四冠」の達成なるかも注目される。

     ◇

 佐藤天彦名人(30)への挑戦権を争うA級順位戦の10回戦5局も1日、東京と大阪の将棋会館で始まった。2敗の豊島将之八段(27)が勝ち、3敗の佐藤康光九段(48)と久保利明王将(42)が敗れると、豊島八段の挑戦が決まる。(村瀬信也