[PR]

 飲食店で酒を飲んだ後に夫婦で別々の車を運転したとして、愛知県警は1日、同県津島市のアルバイトの夫(47)と無職の妻(35)を道路交通法違反(酒気帯び運転など)の疑いで逮捕し、発表した。2人とも「飲酒して運転したことは間違いない」と容疑を認めているという。

 津島署によると、夫婦は12月31日午後10時過ぎ、市内の飲食店からの帰りに夫が乗用車、妻が軽乗用車を運転。同市宇治町の市道で、前を走っていた夫が前方不注意のため左脇の田んぼに転落した。駆けつけた署員が調べたところ、2人の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたという。