[PR]

 県内各地の商業施設では2日に初売りがあり、鹿児島市の山形屋では福袋などを買い求める客で約1万人の行列ができた。

 同店はバッグや衣類、電化製品などが入った「お楽しみ福袋」を、1万円と2万円の2種類で計850袋用意。そのうち500袋にはホテルの宿泊券や焼酎、黒豚などの目録が入っており、12月31日夜から並んだ人も。2日は約8万人の買い物客でにぎわった。

 薩摩川内市の実家に帰省中だった茨城県牛久市の会社員楠元龍矢さん(20)は、午前7時から並んで福袋を買い、東京ディズニーリゾートの宿泊券が当たった。「新年のいいスタートが切れた」と笑顔で話していた。(島崎周)