[PR]

 大阪府寝屋川市の住宅で柿元愛里さん(33)が衰弱死した事件で、府警は2日、会社員の父泰孝容疑者(55)=死体遺棄容疑で逮捕、処分保留=と母の由加里容疑者(53)=同=を監禁と保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、発表した。泰孝容疑者は「監禁ではなく療養のために入れていた。衰弱については分からなかった」と容疑を否認。由加里容疑者は「監禁とは違う。それ以上は話したくない」と供述しているという。

 捜査1課によると、両容疑者は2002年ごろから長女愛里さんを寝屋川市秦町の自宅内に造ったプレハブの部屋に監禁し、昨年12月、病院に連れて行くなど必要な処置をせずに衰弱死させた疑いがある。食事は1日1食で、服を着せず、暖房器具も設置していなかったという。両容疑者は「数年前から『暑い』と言って服を脱ぐので、季節に関係なく服を着せていなかった」と話しているという。

 司法解剖の結果、死因は栄養不足で脂肪が極度に少なくなり、体温を保つ機能が低下したことによる凍死だった。身長約145センチで体重は19キロだった。

 捜査関係者によると、愛里さんは16歳の頃に統合失調症と診断された。現在適切な治療により回復する人は少なくないが、両容疑者はこれまで「暴れるので16、17歳のころからプレハブの部屋を改修して入れた。食事もトイレもプレハブ内でさせていた」と供述。室内に監視カメラを設置し、台所に設置されたモニターで、映像や音声を確認できるようにしていた。両容疑者は「気づいたら死んでいた」と話しているという。

 府警が死亡数日前からの録画映像を確認したところ、愛里さんは横になった状態でほとんど動いていなかったという。府警は両容疑者が愛里さんが衰弱していることに十分気づくことができたと判断した。