[PR]

12月31日~1月1日

 大槌町吉里吉里の吉祥寺で、今回から「除夜の鐘」が昼間に変わった。

 甘酒を配るなどのお世話をする護持会員も、お参りする住民も高齢化した。

 震災後、それはさらに進み、「深夜はつらい」という声が高まったのだ。

 護持会長の東谷藤右エ門さん(84)によると、全国で増えているようだ。

 「鐘の音で寝られない」と苦情が来て、昼にした寺もあるそうだ。

 知らせを全戸配布したが、正月準備で忙しいのか、前年より参拝者は減った。

 ただ、20歳の女性は「これまでは酔った男の人が怖くて行きにくかった」と。

 定着すれば、また増えてくるかもしれない。

    …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら