[PR]

 「心のケア」は昭和の時代には顧みられなかった。

 「あの頃は、PTSDという言葉も被害者支援の認識もなくて。疎外感を感じました」。東京の立教女学院短大で昨秋、美谷島(みやじま)邦子(70)が講演した。若い世代に「いのちの授業」として、事故からの歩みや安全への思いを話している。

 1985(昭和60)年8月12日、夏休みでほぼ満席だった羽田発伊丹行き日航機が群馬県の御巣鷹(おすたか)の尾根に墜落し、520人が亡くなった。9歳の息子・健がそのなかにいた。

 「お茶わんのなかにも涙がぼとぼと落ちて」

 遺族らがたちあげた8・12連絡会の事務局長を引き受けた。怒濤(どとう)の日々。取材で健のことを聞かれて泣いてトイレに駆け込み、事務局長をやる以上は健のことは話さないと決めた。

 ほかの遺族から「死にたい」と電話が入る。どうしていいかわからず、「いのちの電話」のボランティア研修を受けた。

 喪の悲しみは封印する時代だった。アメリカで生と死をめぐる動きを学んだ若林一美(現・同短大学長)に取材され、アメリカの遺族の集いの様子を聞いて、「話してもいいんだ!」。女性遺族で集まって、思いを共にした。

 平成に入りしばらくすると、信楽高原鉄道衝突事故(91年)や中華航空機墜落事故(94年)の遺族も、御巣鷹に慰霊登山するようになった。のちに遺族の輪は広がっていく。

 中華航空機事故で夫と両親を亡くした永井祥子(54)は99年夏に初めて、2人の子と御巣鷹に登った。

 永井は人前ではほとんど泣かな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら