[PR]

 陸上の第94回東京箱根間往復大学駅伝競走最終日は3日、21チームが参加して神奈川・芦ノ湖から東京・大手町までの復路(5区間、109・6キロ)が行われ、青山学院大が大会新記録となる10時間57分39秒で4年連続4度目の総合優勝を果たした。4連覇は、駒大が2002年から4連覇して以来で史上6校目。

 往路2位で東洋大から36秒遅れでスタートした青学大は、6区(20・8キロ)で小野田勇次(3年)が東洋大を逆転。7区(21・3キロ)で林奎介(けいすけ)(3年)が区間新記録となる1時間2分16秒の快走でリードを広げ、その後も独走で逃げ切った。

 往路優勝の東洋大が4分53秒差で総合2位。東洋大は10大会連続で総合3位以内を達成した。3位には2大会連続で早大が入った。

(記録は速報値)