[PR]

 箱根駅伝の往路8位から懸命に追い上げを図る順大。8区を終えた戸塚中継所でもシード圏外の11位ともがいている。11度の総合優勝を誇る名門校は伝統的に復路に強く、「復路の順大」と呼ばれる。「復路は最上級生に力を発揮してほしい」と長門俊介監督(33)。今年の9区と10区は、ともに初の箱根駅伝となる4年生が走る。

花沢「僕を見捨てなかった監督に感謝」

 10区を走る花沢賢人は、2年生だった夏、突然の腰の痛みに襲われた。「朝起き上がるのに30分かかり、50メートル歩くのにさらに20分ぐらいかかった」。国の難病に指定されている「強直性脊椎(せきつい)炎」と診断された。「今は症状はひどくは出ないけど、完治はしない病気。ずっと付き合っていくしかない」

 千葉・八千代松陰高時代から5…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら