[PR]

 強い冬型の気圧配置の影響で、3日は東北から北関東、甲信越地方にかけて、山沿いの地域を中心に大雪となった。

 気象庁によると、3日午後7時までの24時間の降雪量は福島県南部の檜枝岐(ひのえまた)村で77センチ、群馬県みなかみ町で74センチを記録。積雪は山形県中部の大蔵村で224センチ、青森市南部では221センチに達した。長野、群馬、福島の一部地域には大雪警報が発令された。

 冬型の気圧配置は4日も続く見通し。午後6時までの24時間の降雪量は、東北の日本海側や長野県北部で40センチ、群馬県北部で35センチと予想されている。

 山形県小国町では3日午後2時…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら