[PR]

 JR東日本山形支店は3日、移動のために乗務員室にいた40代の男性車掌が私物のスマートフォンを操作していたと発表した。社内規定では、乗務中は私物の携帯電話などは電源を切っておくよう定めているという。

 山形駅からの乗務のため車掌は2日午後、東京駅から山形新幹線に乗車。午後5時過ぎに米沢―赤湯駅間でスマートフォンを使い、ツイッターを閲覧していたという。列車を撮影していた人から同社に通報があった。