写真・図版

[PR]

 「今年こそは筋肉質な体に」と筋トレを始めた方。運動だけでなく、栄養も意識する「筋活ダイアリー」をご存じですか。取り組みや成果を「見える化」することで継続にもつながるそうです。

 昨年11月、横浜市内で開かれた健康教室。約半年間取り組みを続ける参加者が筋肉量などを測定し、筋トレに励んだ。参加している男性(66)は「食事も意識するようになった。筋肉がつき、肩こりや腰痛も楽になった」と実感を語る。

 筋活ダイアリーは、毎日の体重や運動量などに加え、筋肉をつくるたんぱく質の摂取量も記録するもの。順天堂大の町田修一・先任准教授(運動生理学)が運動面、管理栄養士で医学博士の本多京子さんが栄養面を監修した。筋肉量は30歳から10年ごとに5%ずつ減少し、60歳以降はそのペースが加速するという。町田さんは「効率の良い筋肉づくりには運動と栄養の両面への意識が必要」と話す。

 筋トレはスクワット、腕立て伏…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら