[PR]

 第一生命保険は5日、子どもたちに「大人になったらなりたいもの」を尋ねたアンケート結果を発表した。男の子の1位は「学者・博士」。人気のサッカー選手や野球選手を抑え、15年ぶりにトップになった。女の子は21年続けて「食べ物屋さん」が1位だった。

 男の子の1位は2003年以降、「野球選手」か「サッカー選手」のどちらかだったが、「学者・博士」が前年の2位から浮上した。学習指導要領の改訂で理科の授業の充実が図られたことや、日本人のノーベル賞受賞が相次いだことが影響したようだ。「学者・博士」を挙げた子からは「がんを完璧に治す方法を見つけたい」「いっしょに遊んでくれるロボットを作りたい」との声があった。

 女の子の2位は「看護師さん」、3位は「保育園・幼稚園の先生」だった。

 調査は昨年7~9月、第一生命の営業担当者が、小学6年生までの子ども1100人に尋ねた。

大人になったらなりたいものは?

<男の子>

1(2) 学者・博士

2(4) 野球選手

3(1) サッカー選手

4(3) 警察官・刑事

4(5) お医者さん

<女の子>

1(1) 食べ物屋さん

2(4) 看護師さん

3(2) 保育園・幼稚園の先生

4(4) お医者さん

5(3) 学校の先生(習い事の先生)

数字は順位。かっこ内は前年順位