写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 スーパーコンピューター開発を巡る国の助成金詐欺事件で、東京地検特捜部は4日、助成金約1億9千万円をだまし取ったとして、スパコン開発会社「PEZY Computing」の社長だった斉藤元章容疑者(49)と元部下の鈴木大介容疑者(47)を詐欺容疑で再逮捕し、発表した。関係者によると、いずれも容疑を認めているという。

 発表によると、2人は国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)の2012~13年度の事業で、経費を水増しした虚偽の実績報告書をNEDOに提出し、約1億9100万円をだまし取った疑いがある。

 この事業は省エネ関連の技術開発が目的で、実費についてNEDOが3分の2を負担。NEDOが前払いした後、事業終了後に精算する仕組みで、2人は実際は6億1900万円以下だった実費を水増しし、9億1600万円かかったと虚偽の申請をしたという。

 NEDOによると、この事業の助成上限は「年間2億円程度」だが、同社には上限の1・5倍以上が支給されていた。上限を超えた理由について「確認中で回答できない」としている。

 斉藤容疑者と鈴木容疑者は昨年12月、NEDOが13年度に実施した別の助成金約4億3千万円を詐取したとして起訴された。斉藤容疑者はPEZY社を含め、関係会社に、役員の辞任届を出している。