[PR]

 貴乃花親方(元横綱)の理事解任が4日、正式に決まった。辞任以外の理事では初の処分だが、初場所後の2月初めには2年の任期満了に伴う理事候補選がある。貴乃花親方の立候補は認められており、投票になれば票は集まりそう。しかし、すんなりと再任されるかは微妙な情勢だ。

 日本相撲協会の選挙は六つの一門から候補者が出て親方全員(現在98人)の投票で10人の理事候補が決まる。貴乃花一門は現在5部屋で部屋付きを含め、投票権のある親方は8人。一門外にも強固な支持派がおり、前回は自分以外に2候補に票を回した。当選ラインは9票で確実。立候補すれば、間違いなく票は集まるだろう。

 以前ならこの結果をもって当選だった。しかし、2014年の公益財団法人移行に伴ってルールが変わり、協会内の投票結果はあくまで案となり、それを3月の評議員会で承認する形になった。定款によると、理事の選任は、各候補者ごとに評議員会出席者の過半数で決める。つまり、承認しないこともありうる。

 この日、池坊評議員会議長は同…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら