[PR]

 昨年11月末に来日した「ぼくの名前はズッキーニ」(2月10日公開)のクロード・バラス監督のお話をご紹介します。本当はもう少し早く本欄に書きたかったのですが、12月はいろいろネタが詰まっていてこんな時期に。でも新年一発目のネタにふさわしい、心洗われる感動作です。

 2016年の仏アヌシー国際アニメーションフェスティバルで長編部門最高賞と観客賞をW受賞したスイス・仏合作の人形アニメ。孤児院の子供たちが人生への希望を見いだしていく物語で、66分という長さに涙と笑いと幸せがギュッと詰まっています。

 丁寧かつ素朴な作りの人形アニメですが、バラス監督に一番聞きたかったのは「CG畑出身のあなたがどうして人形アニメに魅せられたのか?」ということ。

 「私は美術学校でまず美術の基…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら