[PR]

 兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)が4日、4月の市長選をめぐって意向を確認しようとした男性記者に「殺すぞ」などと発言して取材を拒否した問題で、記者が所属する読売新聞の大阪本社広報宣伝部は4日、「極めて不穏当かつ威圧的な言動で取材を拒む行為は、取材・報道の自由を踏みにじり、読売新聞と本紙記者の名誉を貶(おとし)めるもので到底看過できない。今村市長に対し、厳重な抗議を申し入れ、文書による謝罪を求めた」などとのコメントを出した。

 今村市長は同日、管理職の職員らが参加した仕事始め式で、市長選に立候補せず、任期満了となる5月に退任する意向を明らかにしていた。今村市長は式の後、会場の出入り口付近で取材のために駆け寄ったこの男性記者に対し「殺すぞ」「寄るな」などと発言。これまでの取材をめぐり立腹していたとみられ、「(上司に)落とし前つけさすからな」などと言い残し、エレベーターに乗り込んだ。

 退任の理由やこの発言をめぐり、西宮市政記者クラブは広報課を通じて会見を開くよう今村市長に申し入れたが、応じなかった。