[PR]

 関西を中心とする小中学生クラブチームが所属するアメリカンフットボールのチェスナットリーグに昨年10月、匿名の投書が届いた。

 「選手に対する殴る、蹴る、物を投げつけるといった体罰、中学生に投げかけるべきではない言葉を浴びせる行為が常に行われています」

 選手の保護者がチーム名を明らかにしたうえで、代表者の指導を「情熱の域を超えている」と告発したのだ。ほどなく別の保護者からも同様の投書があった。

 代表者は辞意を表明。しかし、復帰を求める嘆願書を、保護者のほぼ全員が書いてリーグに出した。リーグの久保田薫代表がヒアリングすると「保護者全員が代表者に感謝していた。もっと厳しく指導して欲しいという人もいた」。そこで、一コーチとしての復帰が容認された。

 だが、保護者たちに取材すると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも